第65回日本リウマチ学会総会・学術集会

シンポジウム(現地開催・ライブ配信・オンデマンド配信)

シンポジウム

会期(ライブ配信を含む) 2021年4月26日(月)~4月28日(水)
オンデマンド配信期間 2021年5月14日(金)~5月31日(月)正午(予定)

Symposium 1 Eng

Recent Perspectives on Treatments of Systemic Lupus Erythematosus

4月26日(月)9:55~12:25 第1会場〔ポートピアホテル 南館1F ポートピアホール〕

Chairs:

Yoshiya Tanaka

The First Department of Internal Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan

 

Kenji Oku

Department of Rheumatology, Endocrinology and Nephrology, Faculty of Medicine and Graduate School of Medicine, Hokkaido University, Japan

S1-1
Type I Interferon Targeting in SLE
 

Eric Morand

School of Clinical Sciences at Monash Health, Monash University Faculty of Medicine, Nursing & Health Sciences, Australia

S1-2
Role of IL-12 and IL-23 in the pathophysiology of systemic lupus erythematosus and their utility as therapeutic targets
 

Hajime Yoshifuji

Department of Rheumatology and Clinical Immunology, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Japan

S1-3
Type I and type II anti-CD20
 

Hiroaki Niiro

Department of Medical Education, Faculty of Medical Sciences, Kyushu University, Japan

S1-4
Targeting the JAK in the treatment of SLE
 

Shingo Nakayamada

The First Department of Internal Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan

S1-5
Efficacy of Low-Dose Interleukin-2 for Primary Sjögren's Syndrome–A Randomized Double-blind, Placebo-controlled Clinical Trial
 

Jing He

Peking University People's Hospital, China

海外招聘講演の先生方につきましては、リモートでご参加いただく場合とご講演ビデオを配信する場合がございます。

シンポジウム 2

免疫関連疾患のゲノミクス研究の現在

4月26日(月)9:55~11:55 第2会場(ポートピアホテル 南館1F 大輪田A)

座長:

岡田 随象

大阪大学大学院医学系研究科 遺伝統計学

 

大村 浩一郎

神戸市立医療センター中央市民病院 膠原病・リウマチ内科

S2-1
自己免疫疾患のゲノム解析~ゲノム精密医療に向けて~
 

高地 雄太

東京医科歯科大学難治疾患研究所 ゲノム機能多様性分野

S2-2
マルチオミクス解析による自己免疫疾患へのアプローチ
 

太田 峰人

東京大学大学院医学系研究科 免疫疾患機能ゲノム学講座/東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ内科

S2-3
痛風・高尿酸血症の国際共同ゲノム解析に向けて
 

松尾 洋孝

防衛医科大学校 分子生体制御学講座

S2-4
オルガノイドが切り拓くヒト疾患生物学
 

佐藤 俊朗

慶應義塾大学医学部 坂口光洋記念講座(オルガノイド医学)

S2-5
ベーチェット病のゲノミクス研究
 

桐野 洋平

横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学

シンポジウム 3

医師と患者をつなぎ最善のリウマチケアを実践するための看護師の役割と課題

4月26日(月)9:55~11:55 第3会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田B〕

座長:

亀田 秀人

東邦大学医学部 内科学講座 膠原病学分野

 

房間 美恵

宝塚大学 看護学部

S3-1
リウマチ性疾患におけるT2Tの現状と課題
 

亀田 秀人

東邦大学医学部 内科学講座 膠原病学分野

S3-2
看護師の役割に関するEULAR推奨の2018年改訂とその実践
 

房間 美恵

宝塚大学 看護学部

S3-3
医師が期待する看護師の役割
 

中原 英子

大阪行岡医療大学 医療学部

S3-4
リウマチケアナースの活動と課題
 

永井 薫

名古屋大学医学部附属病院 看護部

S3-5
リウマチクリニックにおける看護師の役割と課題
 

洲崎 みどり

医療法人相生会ピーエスクリニック

Symposium 4 Eng

Evolution of Surgery for Rheumatoid Arthritis in Biologic and JAK Inhibitor Era—From the Past to the Future—(国際委員会企画)

4月26日(月)9:55~12:25 第4会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田C〕

Chairs:

Jochem Nagels

Leiden University Medical Center, Leiden, The Netherlands

 

Yuho Kadono

Department of Orthopaedic Surgery, Saitama Medical University, Japan

S4-1
Current topics of shoulder joint in RA patients
 

Jochem Nagels

Leiden University Medical Center, Leiden, The Netherlands

S4-2
Evolution of elbow surgery for rheumatoid arthritis in biologic and JAK inhibitor era
 

Jun Hirose

Orthopaedics, JCHO Tokyo Shinjuku Medical Center, Japan

S4-3
Rheumatoid hand surgery today
 

Massimo Ceruso

Department of Orthopedics, Azienda Ospedaliero Universitaria Careggi, Italy

S4-4
Progress in surgery for forefoot deformities in patients with rheumatoid arthritis
 

Jun-ichi Fukushi

Department of Orthopaedic Surgery and Rheumatology, National Hospital Organization Kyushu Medical Center, Japan

S4-5
Evolution of the treatment for osteoporosis associated with rheumatic diseases
 

Kosuke Ebina

Department of Musculoskeletal Regenerative Medicine, Osaka University Graduate School of Medicine, Japan

海外招聘講演の先生方につきましては、リモートでご参加いただく場合とご講演ビデオを配信する場合がございます。

シンポジウム 5

血管炎診療の進歩

4月26日(月)13:45~16:15 第1会場〔ポートピアホテル 南館1F ポートピアホール〕

座長:

吉藤 元

京都大学医学部附属病院 免疫・膠原病内科

 

土橋 浩章

香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科

S5-1
巨細胞性動脈炎の基礎研究アップデート2021
 

渡部 龍

京都大学大学院医学研究科 リウマチ性疾患先進医療学講座

S5-2
高安動脈炎における自己抗体の意義
 

石井 智徳

東北大学病院 臨床研究推進センター

S5-3
リツキシマブ使用ANCA関連血管炎患者前向きコホート研究(RemIRIT)
 

長坂 憲治

青梅市立総合病院 リウマチ膠原病科/東京医科歯科大学 膠原病・リウマチ内科

S5-4
AvacopanによるAAVの新規治療への期待
 

土橋 浩章

香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科

S5-5
川崎病―故川崎富作先生の業績と未来への展望
 

伊藤 秀一

横浜市立大学大学院医学研究科 発生成育小児医療学

シンポジウム 6

我が国における人工足関節置換術の進歩と課題

4月26日(月)13:45~15:45 第2会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田A〕

座長:

猪狩 勝則

東京女子医科大学 整形外科

 

谷口 晃

奈良県立医科大学 整形外科

S6-1
TNK ankle®を用いた人工足関節置換術の進歩と課題
 

谷口 晃

奈良県立医科大学 整形外科

S6-2
FINE total ankle system
 

平尾 眞

大阪大学医学部 整形外科

S6-3
外側進入型人工足関節置換術の成績と課題
 

矢野 紘一郎

東京女子医科大学 整形外科

シンポジウム 7

小児リウマチ患者のための移行期におけるクリニカルクエスチョン

4月26日(月)13:45~16:15 第3会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田B〕

座長:

井上 祐三朗

千葉県こども病院 アレルギー・膠原病科

 

西山 進

一般財団法人倉敷成人病センターリウマチ膠原病センター

S7-1
関節型若年性特発性関節炎(JIA)の長期予後について分かっていることは何か?
 

松井 利浩

独立行政法人国立病院機構相模原病院 リウマチ科

S7-2
関節型JIAと関節リウマチの評価指標の違い
 

謝花 幸祐

第一東和会病院 小児科

S7-3
関節型若年性特発性関節炎と関節リウマチの病態・治療ターゲットの違いは何か?
 

梅林 宏明

宮城県立こども病院 総合診療科

S7-4
小児期Sjögren症候群患者の長期予後
 

冨板 美奈子

独立行政法人国立病院機構下志津病院 小児科・小児アレルギー膠原病センター

S7-5
小児発症SSと成人発症SSとの評価指標の違い
 

岩田 直美

あいち小児保健医療総合センター 感染・免疫科

S7-6
小児期SSと成人期SSの病態・治療ターゲットの違い
 

井上 祐三朗

千葉県こども病院 アレルギー・膠原病科

Symposium 8 Eng

Treatment strategy of systemic rheumatic diseases―Lessons from clinical trials(国際委員会企画)

4月26日(月)13:45~16:15 第4会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田C〕

Chairs:

Masataka Kuwana

Department of Allergy and Rheumatology, Nippon Medical School Graduate School of Medicine, Japan

 

Atsushi Kawakami

Department of Immunology and Rheumatology, Division of Advanced Preventive Medical Sciences, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, Japan

S8-1
Systemic lupus erythematosus (SLE)
 

Yoshiya Tanaka

The First Department of Internal Medicine, School of Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan

S8-2
Management of Systemic Sclerosis-Associated Lung Fibrosis—Perspective from a US Scleroderma Center
 

Dinesh Khanna

University of Michigan, Michigan, USA

S8-3
Lessons Learned from Myositis Clinical Trials
 

Chester V. Oddis

University of Pittsburg School of Medicine, Pennsylvania, USA

S8-4
Treatment strategies in axial spondyloarthritis
 

Denis Poddubnyy

Charité Universitätsmedizin Berlin, Campus Benjamin Franklin Berlin, Germany

S8-5
Translational research to clinical trial in FMF
 

Atsushi Kawakami

Department of Immunology and Rheumatology, Division of Advanced Preventive Medical Sciences, Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences, Japan

海外招聘講演の先生方につきましては、リモートでご参加いただく場合とご講演ビデオを配信する場合がございます。

Symposium 9 Eng

Triangular Relationship in Arthritis—Immune Cells, Synovial Fibroblasts and Bone—

4月26日(月)13:45~15:45 第5会場〔ポートピアホテル 本館B1F 偕楽1〕

Chairs:

Hiroshi Takayanagi

Department of Immunology, Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine, The University of Tokyo, Japan

 

Keishi Fujio

Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Japan

S9-1
Transcriptomic and epigenomic features of synovial fibroblasts in RA
 

Keishi Fujio

Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Japan

S9-2
Identification of a novel arthritis-associated osteoclast precursor macrophage
 

Masaru Ishii

Department of Immunology and Cell Biology, Osaka University Graduate School of Medicine, Japan

S9-3
Functional genomics of immune cells and fibroblasts
 

Soumya Raychaudhuri

Harvard Medical School, Brigham and Women's Hospital, Broad Institute, USA

S9-4
Local priming of joints for susceptibility to arthritis
 

Georg Schett

Friedrich-Alexander University Erlangen-Nürnberg, Germany

S9-5
Osteoimmune interactions in arthritis
 

Hiroshi Takayanagi

Department of Immunology, Graduate School of Medicine and Faculty of Medicine, The University of Tokyo, Japan

海外招聘講演の先生方につきましては、リモートでご参加いただく場合とご講演ビデオを配信する場合がございます。

Symposium 10 Eng

Latest Update in Treatment of Rheumatoid Arthritis

4月27日(火)8:00~10:00 第1会場〔ポートピアホテル 南館1F ポートピアホール〕

Chairs:

Kunihiro Yamaoka

Department of Rheumatology and Infectious Diseases, Kitasato University School of Medicine, Japan

 

Yoshiya Tanaka

The First Department of Internal Medicine, School of Medicine, University of Occupational and Environmental Health, Japan

S10-1
Management of Rheumatoid Arthritis in the 21st Century: Lessons Learned and Problems Encountered
 

Allan Gibofsky

Weill Cornell Medical College and Hospital for Special Surgery, USA

S10-2
Message from post-marketing surveillance subcommittee of Japan Colleague of Rheumatology
 

Michiaki Takagi

Department of Orthopaedic Surgery, Yamagata University Faculty of Medicine, Japan

S10-3
New molecule therapeutics for rheumatoid arthritis
 

Roy M. Fleischmann

University of Texas Southwestern Medical Center at Dallas, Dallas, Texas, USA/Metroplex Clinical Research Center, USA

S10-4
Drug discovery through genomic analysis
 

Yukinori Okada

Department of Statistical Genetics, Osaka University Graduate School of Medicine, Japan

S10-5
Progress in established therapies
 

Arthur Kavanaugh

Division of Rheumatology, Allergy, Immunology, Department of Medicine, University of California, San Diego, USA

海外招聘講演の先生方につきましては、リモートでご参加いただく場合とご講演ビデオを配信する場合がございます。

シンポジウム 11

関節リウマチ治療に対する感染症のインパクト

4月27日(火)8:00~10:30 第2会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田A〕

座長:

針谷 正祥

東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター 膠原病リウマチ内科

 

中島 亜矢子

三重大学医学部附属病院リウマチ・膠原病センター

S11-1
関節リウマチと感染症:疫学的視点から
 

酒井 良子

東京女子医科大学医学部 膠原病リウマチ内科学講座/東京女子医科大学病院 膠原病リウマチ痛風センター膠原病リウマチ内科/東京女子医科大学 先進的集学医療寄附研究部門

S11-2
リウマチ性疾患におけるCOVID-19のインパクト
 

向井 正也

市立札幌病院 リウマチ免疫内科

S11-3
分子標的治療時代における帯状疱疹のリスク管理
 

渡辺 大輔

愛知医科大学 皮膚科

S11-4
関節リウマチ治療下の結核・非結核性抗酸菌症:診断・治療の進歩
 

舘田 一博

東邦大学医学部 微生物・感染症学講座感染病態・治療学分野

S11-5
関節リウマチの整形外科手術関連感染症の実態と対策
 

蛯名 耕介

大阪大学大学院医学系研究科 運動器再生医学共同研究講座

シンポジウム 12

RA関節手術の変遷と現状

4月27日(火)8:00~10:30 第3会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田B〕

座長:

石黒 直樹

愛知県医療療育総合センター

 

宮原 寿明

独立行政法人国立病院機構九州医療センター リウマチ科

S12-1
関節リウマチに対する膝関節手術の変遷
 

松田 秀一

京都大学大学院医学研究科 整形外科

S12-2
関節リウマチに対する人工股関節置換術(THA)の変遷と現状
 

中島 康晴

九州大学大学院医学研究院 整形外科

S12-3
リウマチ手・手関節手術
 

秋田 鐘弼

独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター

S12-4
足・前足部手術
 

平尾 眞

大阪大学医学部 整形外科

S12-5
関節リウマチに対する肩・肘の人工関節置換術
 

西田 圭一郎

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科

S12-6
リウマチ性頚椎症手術の変遷と現状
 

安藤 圭

名古屋大学大学院医学系研究科・医学部医学科 整形外科

シンポジウム 13

強皮症と筋炎 病態と治療の最新トピックス

4月27日(火)8:00~10:30 第4会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田C〕

座長:

安岡 秀剛

藤田医科大学 リウマチ・膠原病内科

 

勝又 康弘

東京女子医科大学医学部 膠原病リウマチ内科学講座

S13-1
全身性硬化症(強皮症)の病態と治療の最新トピックス
 

安岡 秀剛

藤田医科大学 リウマチ・膠原病内科

S13-2
筋炎の病態と最新知見:anti-synthetase syndromeの免疫学的病態におけるJo-1の役割,および筋炎の非免疫機序について
 

勝又 康弘

東京女子医科大学医学部 膠原病リウマチ内科学講座

S13-3
強皮症と筋炎における自己抗体の検討の意義
 

濱口 儒人

金沢大学医薬保健研究域医学系 皮膚分子病態学

S13-4
強皮症治療の最新知見 間質性肺炎を中心に
 

山野 泰彦

公立陶生病院 呼吸器・アレルギー疾患内科

S13-5
筋炎治療の最新知見
 

五野 貴久

日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科学分野

シンポジウム 14

リウマチ学における女性医学―next stageに向けて―

4月27日(火)8:00~10:30 第6会場〔ポートピアホテル 本館B1F 偕楽2〕

座長:

村島 温子

国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター

 

浜谷 敏生

慶應義塾大学医学部 産婦人科学教室

S14-1
膠原病の性差の謎―機能ゲノム学的観点から―
 

太田 峰人

東京大学大学院医学系研究科 免疫疾患機能ゲノム学講座/東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ内科

S14-2
婦人科内分泌学の概説
 

浜谷 敏生

慶應義塾大学医学部 産婦人科学教室

S14-3
不妊・不育症の現場からみる自己免疫
 

松林 秀彦

リプロダクションクリニック

S14-4
膠原病合併妊娠の課題
 

村島 温子

国立研究開発法人国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター

S14-5
中高年対象の女性医療
 

小川 真里子

東京歯科大学市川総合病院 産婦人科

S14-6
リウマチ性疾患とエストロゲンおよびホルモン補充療法(HRT)
 

岡野 浩哉

飯田橋レディースクリニック 産婦人科

シンポジウム 15

自然免疫が関連する炎症性疾患

4月27日(火)14:15~16:15 第2会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田A〕

座長:

金子 祐子

慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科

 

清水 正樹

東京医科歯科大学 小児地域成育医療学講座

S15-1
成人発症スティル病
 

金子 祐子

慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科

S15-2
ベーチェット病における自然免疫応答
 

桐野 洋平

横浜市立大学大学院医学研究科 幹細胞免疫制御内科学

S15-3
リウマチ性多発筋痛症の病態,診断,治療
 

堀田 哲也

苫小牧市立病院 内科

S15-4
全身型若年性特発性関節炎
 

清水 正樹

東京医科歯科大学 小児地域成育医療学講座

S15-5
インフラマソーム関連自己炎症性症候群
 

西小森 隆太

久留米大学医学部 小児科

S15-6
自己炎症性疾患と血管炎
 

井澤 和司

京都大学医学部附属病院 小児科

シンポジウム 16

関節だけじゃない、膠原病疾患におけるエコー検査活用

4月28日(水)8:00~10:00 第1会場〔ポートピアホテル 南館1F ポートピアホール〕

座長:

大野 滋

横浜市立大学付属市民総合医療センター リウマチ膠原病センター

 

西田 睦

北海道大学病院 検査・輸血部/超音波センター

S16-1
膠原病疾患における肺エコー
 

渡邊 晋二

日本医科大学大学院医学研究科 アレルギー膠原病内科

S16-2
膠原病診療における血管超音波検査の活用
 

岩井 孝仁

北海道大学病院 検査・輸血部/北海道大学病院 超音波センター

S16-3
膠原病疾患に対する消化管超音波検査の有用性
 

竹之内 陽子

川崎医科大学附属病院 中央検査部

S16-4
シェーグレン症候群診断における唾液腺エコーの現在地
 

高木 幸則

長崎大学大学院・医歯薬学総合研究科 口腔診断情報科学分野

S16-5
膠原病診療における皮膚エコーについて
 

渡邉 恒夫

岐阜医療科学大学

シンポジウム 17

臨床研究の最新の知見~マシーンラーニングから新薬審査まで~(臨床研究推進委員会企画)

4月28日(水)8:00~10:00 第2会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田A〕

座長:

西本 憲弘

大阪リウマチ・膠原病クリニック

 

矢嶋 宣幸

昭和大学医学部 内科学講座リウマチ膠原病内科学部門

S17-1
観察研究で使える統計解析ブラッシュアップ
 

佐田 憲映

高知大学医学部 臨床疫学

S17-2
臨床研究におけるマシーンラーニングの利活用
 

大西 輝

神戸大学医学部附属病院 膠原病リウマチ内科

S17-3
医療情報のデータベースを利用する研究とその限界
 

宮脇 義亜

岡山大学病院 新医療研究開発センター/岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学

S17-4
リウマチ領域の新薬審査~PMDA審査専門員の立場から
 

木原 まり

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 新薬審査第四部

シンポジウム 18

よりよい膠原病臨床のためのTranslational research

4月28日(水)8:00~10:00 第3会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田B〕

座長:

中山田 真吾

産業医科大学医学部 第1内科学講座

 

庄田 宏文

東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ内科

S18-1
免疫フェノタイピングによる自己免疫疾患研究
 

中山田 真吾

産業医科大学医学部 第1内科学講座

S18-2
自己抗体から読み解く皮膚筋炎
 

松下 貴史

金沢大学 皮膚科

S18-3
リウマチ・膠原病の精密医療に向けたマルチオミクス研究
 

鈴木 勝也

慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科

S18-4
疾患特異的iPS細胞による臨床免疫研究
 

庄田 宏文

東京大学大学院医学系研究科 アレルギー・リウマチ内科

シンポジウム 19

Cutting-edge knowledge on pathogenic autoantibodies and immune tolerance(日本免疫学会合同企画)

4月28日(水)8:00~10:00 第5会場〔ポートピアホテル 本館B1F 偕楽1〕

座長:

藤尾 圭志

東京大学大学院医学系研究科内科学専攻 アレルギー・リウマチ内科

 

石井 優

大阪大学大学院医学系研究科 免疫細胞生物学教室

S19-1
胸腺線維芽細胞による中枢性免疫寛容の制御
 

新田 剛

東京大学大学院医学系研究科 免疫学

S19-2
B細胞に発現するTet2/Tet3による全身性自己免疫寛容の制御
 

伊勢 渉

大阪大学 免疫学フロンティア研究センター

S19-3
制御性T細胞誘導化合物の発見
 

赤松 政彦

アステラス製薬株式会社

S19-4
SARFによる高安動脈炎の新規自己抗原の同定とその病的意義について
 

藤井 博司

東北大学病院 リウマチ膠原病内科

S19-5
関節炎惹起性自己抗体産生を促すOX40陽性Tfh17細胞
 

松本 功

筑波大学医学医療系 膠原病リウマチアレルギー内科

シンポジウム 20

COVID-19と免疫・炎症

4月28日(水)14:30~16:30 第1会場〔ポートピアホテル 南館1F ポートピアホール〕

座長:

堀内 孝彦

九州大学病院別府病院 免疫・血液・代謝内科

 

金子 祐子

慶應義塾大学医学部 リウマチ・膠原病内科

S20-1
COVID-19の疫学
 

大曲 貴夫

国立研究開発法人国立国際医療研究センター 国際感染症センター

S20-2
COVID-19に対する免疫応答
 

南木 敏宏

東邦大学医学部 内科学講座膠原病学分野

S20-3
JCR COVID-19レジストリからわかったこと
 

奥 健志

北海道大学大学院医学院・医学研究院 免疫・代謝内科学教室

S20-4
COVID-19に対する治療
 

木本 泰孝

九州大学病院別府病院 免疫・血液・代謝内科

S20-5
リウマチ性疾患におけるNew Normalとは?
 

松井 利浩

独立行政法人国立病院機構相模原病院 リウマチ科

S20-6
〔特別発言〕SARS CoV-2に対するワクチンの現状と問題
 

都留 智巳

医療法人相生会ピーエスクリニック

シンポジウム 21

乾癬性関節炎と強直性脊椎炎の診療~症候と作用機序から考える~

4月28日(水)14:00~16:30 第2会場〔ポートピアホテル 南館1F 大輪田A〕

座長:

門野 夕峰

埼玉医科大学 整形外科

 

舟久保 ゆう

埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

S21-1
脊椎関節炎の病態と治療薬の概要
 

和田 琢

埼玉医科大学 リウマチ膠原病科

S21-2
PsAの治療(TNF阻害剤)
 

辻 成佳

独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター

S21-3
PsAの治療(IL-17阻害剤)
 

神田 浩子

東京大学大学院医学系研究科 免疫疾患治療センター/東京大学医学部 アレルギー・リウマチ内科

S21-4
体軸性脊椎関節炎(axSpA)におけるTNF阻害療法のエビデンス
 

谷口 義典

高知大学医学部附属病院 内分泌代謝・腎臓膠原病内科

S21-5
体軸性脊椎関節炎の治療(IL-17阻害薬)
 

多田 久里守

順天堂大学医学部 膠原病内科

Symposium 22 Eng

Advances in research on human systemic autoimmune diseases(国際委員会企画)

4月28日(水)14:00~16:30 第5会場〔ポートピアホテル 本館B1F 偕楽1〕

Chairs:

Sachiko Miyake

Department of Immunology, Juntendo University, Japan

 

Keishi Fujio

Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Japan

S22-1
How single cell studies and AMP are changing understanding of adaptive immunity in RA
 

Michael B. Brenner

Harvard Medical School, USA

S22-2
Pathways of B cell Activation in Human SLE
 

Iñaki Sanz

Department of Medicine, Division of Rheumatology, Lowance Center for Human Immunology, Emory University School of Medicine, Atlanta, GA, USA

S22-3
The MHC and SLE: have we finally solved it?
 

Timothy J Vyse

King's College London, UK

S22-4
Functional genome analysis of autoimmune diseases
 

Keishi Fujio

Department of Allergy and Rheumatology, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo, Japan

海外招聘講演の先生方につきましては、リモートでご参加いただく場合とご講演ビデオを配信する場合がございます。

  • 一般社団法人 日本リウマチ学会
  • APLAR2021

ページの先頭へ